妄想。

アクセスカウンタ

zoom RSS 散文【独り言】

<<   作成日時 : 2009/10/01 14:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

もはや小説ではない。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【独り言】




26歳になる年に突然
自分以外の一人の人生を抱えてくれと言われた
結婚とか出産とか
そういうおめでたい話じゃない



わたしは訳も分からず
法律で決まっているならしょうがないと
血の繋がりだって一応あるしと
言われたままに飲み込んだ




わたし宛ではない電話が
朝夕方晩
時間を選ばずにかかってくる
最初は掛け直していたけれど
もうそれにも疲れてしまった



電話の相手は何も悪くないのに
話している内に腹が立って
無愛想に返してしまう
そうすると電話の相手が腹を立てるのが分かる
気分が悪い
自分に





わたしは毎日毎日
金にもならないクソみたいな絵ばっかり描いてる
仕事は宣告を受けてすぐに辞めてしまった
たまに入る仕事をこなしていたって
この家の足しにはならない





外へ出て働く友人達に
「大変だなあ」と
「私は楽していてごめん」を
繰り返し思い







「断る事も出来るんだよ」と言ったあの人は
そう言いながら
出来るだけわたしが断れないようにと
自分の身の上話を続けた
そんなこと話さなくても
断るつもりはなかったのに






旅先で
過食症に悩む同い年の女性を報じるテレビを見る
そんな事思っちゃいけないのにと思いながら
「ああ、そんな事で悩めていいなあ」と思う
もちろんそれも絶対辛いし
私も昔、喉に手を突っ込んでいた事があるから分かるけど
でも彼女は今の所
自分の事だけで悩めばそれで済む生活を送っている




だけどそんなに
私は悩んでいるか?
もしかしたら大変なのは
私よりその過食症の子の方かも知れないのに


何を偉そうに。







考えれば考える程
自分が下らない存在に思えて来る
この打ち込む文字さえも








いつか鳥に屍を食べられる日を夢想する
肉も、骨も、粉々に砕いて
跡形もなく消え去ることができるらしい
魂は飛ぶ鳥と共に空へ
肉片は糞となって地面へ還る
そうなれたらなんて素敵






「死ぬのが怖い」と云う友人が羨ましい
わたしにとって死は恐怖じゃなく
苦しみから解放される為の終焉でしかない


でも自殺はしない
何故なら、自殺は永遠の苦しみが待っていると信じているから。



出来るだけ早く
寿命が訪れる日を願っている





かみさま、

かみさまどうか、

おとうさん、おかあさんよりもあとに

できるだけはやくしなせてください





人生は苦しみしか無い訳じゃないけど
どうせこれ以上生きていても
そんなに望みは増える事は無い









この国で死んだら
鳥に屍は食べてもらえない

それだけが、心残り






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
散文【独り言】 妄想。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる